最高のコーヒーを淹れるために|バリスタの資格を取ろう

メンズ

理想と現実を知ろう

ウェイター

カフェの経営をするためには、専門スクールに通うことが有効的だといえます。なぜなら、憧れだけでカフェを開業して、失敗するケースが多いからです。カフェ経営のイメージとして、のんびりとマイペースでできそうな理想的な仕事に思えるという人が少なくないといいます。もちろんそれは大きな間違いで、ゆっくりできるのは、あくまでカフェのお客さんの話です。経営者やスタッフは、休みも少なく忙しく働いて、しかも薄給というケースは珍しくありません。そこで、理想と現実のギャップに悩み、閉業するというパターンが多いのです。安定した経営を続けるためには、しっかりと儲ける仕組みを整えることが大切です。店舗の内装やインテリア、食器など表の部分だけセンスが良くても、中身が伴っていなければ、お客さんはついてきません。メニュー開発などがとても重要になってきます。スクールに通えば、トレンド感も満載の実践的なカフェ経営に関する大切な情報を得ることができます。カフェメニューの調理の基本から、仕込みの方法、仕入れや保存に至るまで、大切なテーマを体系的に学ぶことができます。スクールでの授業だけではなく、実際のカフェやレストランなどの現場で研修することもあるので、現実を知らずに漠然と憧れを抱いたまま経営者になることもありません。さらにスクールでは、開業計画に関する授業もあるため、運営に関する知識を学ぶこともできます。スクールに通うことは、長く愛される店を作るための最適なスタートだといえます。